真田昌幸が開いた上田城の商人町

新着情報

最寄の観光スポット

上田城跡公園

真田昌幸が上田城を築き始めたのは、天正11年(1582)のことです。

上田城は真田昌幸のときに、二回にわたって徳川軍の攻撃を迎え撃ったわけですが、このような二度もの実戦の歴史をもつ近世城郭は全国的にも例はありません。しかも数少ない兵力で大軍を退けた名城として、早くに国の史跡に指定されました。

現在、春には桜の名勝として、全国からたくさんのお客様が訪れる観光地となりました。

原町市神社

城下町づくりの当時より商売の神様として町中に祀られたお宮です。天保年間に現在地に遷座され、その時遷宮されたお社は諏訪の名工 立川和四郎(2代目)の手による名建築でしたが、明治2年の騒動で、惜しくも消失してしまいました。現在原寸大の細密な図面が問屋滝沢家より見つかり、幻のお社が明らかになりました。現在のお社は、明治10年に再建されたものです。

池波正太郎真田太平記館

時代小説の人気作を数多く執筆した直木賞作家・池波正太郎氏(1923~1990)は、真田一族の歴史に深い関心を抱き、これにスポットを当てた数多くの作品を発表しています。池波氏はこの「真田太平記」連載にあたり、取材の為しばしば上田を訪れました。

真田昌幸が築城した上田城、その城下町上田の原町に「池波正太郎真田太平記館」があります。今なお多くのファンを魅了しつづける作家、池波正太郎氏と戦国歴史浪漫「真田太平記」 の魅力について紹介している施設です。

 

アクセス

列車で
最寄駅:上田駅
【東京】
長野新幹線(1時間15分)
【大阪】
東海道新幹線→東京→長野新幹線(4時間30分)
【名古屋】
JR中央本線→長野→長野新幹線(3時間20分)
最寄インター:上田菅平IC
【東京】
関越自動車道→上信越自動車道(2時間30分)
【大阪】
名神高速道→中央自動車道→長野自動車道→上信越自動車道(6時間)
【名古屋】
中央自動車道→長野自動車道→上信越自動車道(4時間)

商店会所在地

〒386-0012 長野県上田市中央3-3-18 
TEL&FAX 0268-25-2110